食事の間隔を16時間あける方法で一年で15キロのダイエット

お酒も飲みますし、特別な運動はしません

自分が辛くないと思った方法が一番お酒も飲みますし、特別な運動はしません食べたいものが食べられないのは嫌だ

本格的な断食は専門的な施設で行わないと危険ですから素人派感覚で行うのはやめてください。
しかしプチ断食は素人でも誰でも簡単にできる方法で、土日など休日は食事量を少なくする、あるいはほとんど食べないという方法です。
置き換えダイエットというものもあり、1日一食普段の食事を抜いてダイエット食にかえます。
そういった方法もありますが、私は空腹時間を作るということが一番楽で簡単で健康的に痩せると感じます。
オートファジーというノーベル賞を取った日本人が発明したものでは、食事の間隔を16時間あけることによって糖質、脂肪、タンパク質などほとんど利用され、痩せるだけでなく健康にも役立つ素晴らしい機能が体の中で働くというものです。
食べないことは苦しいですが、それ以外は普通に食べてもいいので好きなものが食べられない、お腹いっぱい食べられない、そのようなことがないので食事制限が嫌だという人にお勧めです。
16時間あけるということが大変と感じるかもしれませんが、寝る時間の8時間ほどを入れると朝食べない、あるいは夜食べないというだけで簡単にその時間を作ることができます。
その空腹の間、動くことでさらに体の中でいい機能が働き健康的に痩せていきます。
これは大変お勧めで、毎日する必要はありません。
私の場合は休みの日だけ、このようなことをしています。
普段は朝昼晩いつものように食べています。
お酒も飲みますし、特別な運動はしません。
しかし土日の休みの日は、食事の間を16時間あけています。

ダイエット【保存版】ダイエット方法まとめ